読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここは水族館

ジャニーズ事務所というロイヤリティ

新曲 Fantastic Time レビュー

ご無沙汰しております。

10/26発売の Hey!Say!JUMP 新曲のレビューをしたいと思います。

 

この前の新曲といえば真剣SUNSHINEなので楽しみにしていました!(PV1回しか見てない…)

 

以下曲の明細をば、、(とばしてくださいね)

Hey!Say!JUMP 17th シングルは、Fantastic なネオレトロテクノポップ!!
今年5月にシングル「真剣SUNSHINE」、7 月にアルバム「DEAR.」と精力的なリリースを続けているHey!Say!JUMPがネクストステージを示すべく渾身のニューシングル「Fantastic Time」を放つ!
表題曲「Fantastic Time」は、読売テレビ日本テレビ系アニメ「タイムボカン24」のオープニングテーマ。過去と未来をつなぐ「今」にときめきながら、力強く前へ突き進もうというメッセージが込められた“ネオレトロテクノポップ“ここに完成!アップテンポなエレクトロサウンドにメンバーの激しい踊りが加わったHey!Say!JUMP流ダンスチューンだ。

【収録内容】
<CD>
M-1. Fantastic Time
M-2. Never Let You Go
M-3. ワンダーロード
M-4. What A Feeling
M-5.-M-8.オリジナルカラオケ

 

これが通常盤で、通常盤初回プレスは↓


【通常盤/初回プレス】にはカップリング曲「Never Let You Go」と「静寂の朝、君といる世界。」を収録。またメンバー同士で撮影し合ったファン必見(FANtastic)の写真を含むスペシャルなフォトブックを封入!

 

さらに初回盤にはPractice Timeというダンスだけを見られる映像がついてるんですよね〜!まだみてないけど楽しみだー!!!

ということでここではダンスのことは置いといて曲のレビューをば…順番は私のWalkmanに従ってます、ご容赦ください!

 

M-1.Fantastic Time

伝説になりそうなやまちねソング。ですよね?やまちねファン歓喜。(私はコンビ厨とかではないので詳しくありませんが、やっぱりやまちねが好きな人の母数、多いですよね。へいせいじゃんぷ内人気のあるコンビの上位だと認識しております。※参考:W誌2016-10月号 仲良しコンビ年表)

表題曲でかっこいいのが久しぶりすぎて、(?)どうしようと思った、発表された時嬉しかったですね〜!本当に。

2015年はChau#に続いてキミアトだし、真剣〜は踊ってないし()、ガシガシ踊る曲待ってた……………!!!!!!って感じでした。まあ実際の私といえば「タイムボカン24ってなんや……」でしたけど…

 

ランウェイを歩くやまたんが想像できるところと、2番の有岡さん『面倒な事態も限界突破後 金字塔』が好きです。

そしてもれなく『連鎖していく感動 and 革命前夜の決意を持って』も好きです…革命前夜と聞くと、去年のカウコンを思い出さずにはいられない…!!!

 

そしてテクノポップなので何回聴いても飽きにくいところがいいです。(おい)

あと私的には、へいせいじゃんぷお得意のCじゃなくてよかった…

(余談:『どんな今日でも最高記録』って生き残りですか?真剣サンの)

 

 

M-2.Never Let You Go

まーじで大好きです。

 

 

 

 

……ほんとに大好きすぎてやばいです。今回のカップリング曲の中で唯一頭に残る。(現段階)たった1回聴いただけで虜になりました。テンポもメロディラインも歌詞も歌割りも全部いい、この曲のPVください…お金はいくらでも出すので…

もーう、知念さんのラップがたまらない。一生聴きたい。なんなら聴きながら息絶えたい。

有岡さんのラップ(歌声)大好き人間としても最&高すぎてどうしますか???

大好きすぎる、本当に。最近知念さんの歌パートについて思いを馳せてきた人間としては、ありがたさでこの歌割りにしてくれた方に頭が上がらない。ありちね。

 

キミアトカップリングのNEW AGEにしても、これにしても知念さんのラップが翔くんすぎてやばいですよね。ね。なんなんだろう。好き

 

これコンサートで聴ける?もしや年末に聴けますか??間違いなく死にます

 

今から好きなところ挙げるんですけど語彙力ないのでめっちゃ頑張って理解してください…ていうか自分しかわからなくてもいいか!いきまーす

特に好きなところは、知念さん『誰が何を言ったとこで変わりはしないぜ』のところなんですけど、『しない』で止めても別にメロディライン的には変じゃないのに、しないーぜってなるところと、そこが耳を済まさないと聞こえにくいくらい低いところです、やばい。

薮さん『Wow 確かめよう』は歌割り最高ですよね。言うことない。有岡さん『連れ出そうか星の夜空へ』もやばい。連れ出されたい。やまたんはラップ苦手ってよく言ってるけど、(これはラップ調なだけかも)『君はDiva』とかめっちゃ好き、色気。知念さんの大サビというか落ちサビもたまらないです。モヤの中から頭角を現す感じ、聴く度「く、くる〜!」って思う!

ハーともかく毎日聴きたい。みんなも聴いてください。

 

あと質問なんですけど、有岡さんの出だし『Here we go~!』のところ、かぶせで煽ってるの知念さんですか??教えてください

 

 

 

M-3.静寂の朝、君といる世界。

 

…………秋、晴れ。僕に風が吹いた。

 

どっちも曲名頑張って覚えよっと(使命感)。

 

いのゆとの印象。

NLYG(略した)の印象がやばすぎるせいか、全然頭に残らないな〜ごめんな〜って思ってたら、

 

 

静かになって、、、

 

 

、、、

突然のセリフ(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)にめちゃ笑ってしまい全部持ってかれた。さらにこの曲のメロディライン忘れた。罪だ……

ここにきてセリフ????混乱 まじでジャニーズ台詞大好きかよ〜!

 

爽やかな裕翔くんの出だし、好きです。裕翔くんの爽やかな出だしで、せぶんちゃんのKAZEKAORUがぼんやり浮かぶ。

 

バラードってほどでもないから、重たすぎず、良いのかなーと思う。タイトル通り、朝に聴きたい。

 

 

 

M-4.ワンダーロード

 

出だしめっちゃいい。出だし?違う前奏!前奏のメロディが頭に残る。(間奏にも後奏にもあると思いますけど…)

 

やまやぶたかの印象。

全体的に明るいんだけど、せぶんちゃんの、ただ前へ 感があっていい曲だなぁと思う。聴き込むたびに好きになっていく曲の感じがしている。(私「…知念さんのパートどこ、( ;  ; )??」)

へいせいじゃんぷが 『大丈夫って言い聞かせていれば 大概のことは上手くいく』って言ってるので多分そうなんですよね。元気だしていきたい。

 

 

M-5 What A Feeling

 

出だしの低音痺れる。この曲に関しては初めて聴く時、いいスピーカーで聴いたので、身体にずんずん響くベースがめっちゃかっこいいやつだーー!ってなりました。ひかけとの印象。

 

英語歌詞が多い曲は、大概にして何を言ってるか聞き取れない人間なんですけど、(せぶんちゃんのパーリーモンスター未だによくわからん……)これは割と聞きやすいような気がする。

 

落ちサビのひかけとの、音程同じだけど、盛り上がるっていうかかっこいい感じが好き。

 

これはバンド曲になるのかな〜?なりますかね〜!

 

 

ここまでめっちゃ長かった…(主にNLYGのせい)

読んでわかるとは思うんですけど、後半3曲の好きなところとかまだ見つけられてないので、あなたの好きなところ!教えてください!!(笑)

 

全曲終わってここで終わりかと 思いきやもう少し続くんですけど、

これはおまけ的なので読まなくても大丈夫です(誰も読まない。)

 

 

にしても今回は全曲通して、時代とか歴史とか過去とか未来とかかけすぎじゃんぷ

という私自身のメモがあったので、歌詞の中のそれらしきキーワードを片っ端から洗い出してみた。

あえてなのか??同じような単語がそれぞれの曲同士リンクしあってるのかな〜〜と思う。それともたまたまなのか?

 

ファンタ

絶対な未来もきっと変えてゆけるから
現実味をなくしてる
めくるめく時空を知る
歴史の向こうで
どんな時代でも未来探す
過去も未来も 現実もハシャぎ出す
だんだん歴史紐解いてく
だんだん未来広がってく
だんだん未来塗り替えられる
どんな時代でも君を探す

 

重力 希望の星 夜空 夜明け

 

NLYG

僕ら星空を越えて行こう
君だけを連れ出そうか 星の夜空へ
君だけを探していた 星の彼方で
月の灯りをすり抜けて
星空さえ 秘密の時を刻んでる
僕ら時間さえ越えて行こう
時を越えて永遠なる夢が見れそうさ
この世界で 二人だけの時を刻もう
時計の針を眠らせて 

 

静寂

あれからどれほど時が流れても
始まる君と僕の未来だ
君と二人で夢見てた あの日の未来が

確かに今この場所で折り重なって生まれてくよ 今日も明日も
まだ知らない時空のどこか彼方に隠れた 二人の鼓動のリズム

 

ワンダーロード

忘れてた自分が時を超え笑いかける
何処かに置いてきた思い出も

つまづいて立ち止まる度に 時を超え蘇る
君が進む未来はWonder Road

 

WAF(この略し方 国連の機関みたい)

Into the future
今明日へとTake off
塗り替えてくTime
未来を今 Knock,Knock,Knock
時間を越えてInto the future
時計はTic Tac 秒針さえJumping
時の中をCruise
過ぎた過去は Drop,Drop,Drop
このまま君とInto the future
突き進むのさInto the future

 

 時空とか星空とかスケールが大きいな〜〜やっぱりそういう時間の軸を超える的なことを推したかったのでしょうか。

 

ていうかここまで調べて、真相(大袈裟)はドル誌で誰かが喋ってたりする可能性もあるよな…へこむ、、

まあでも自己満なのでいいです別に!

 

レビューとかじゃなくてただ長いメモになっている感…読んでくださった方にこころからの感謝を!!

それとFantastic Time、初動もトータルも記録更新、おめでとうございます!!

みんな買ってください。それではこのへんで。

 

そして誰もいなくなった

 

アイドルの熱愛について思うこと。

 

つい数日前、大フィーバー中で各方面に引っ張りだこである "いにゃあけい" こと伊野尾慧(26)さん と 明日花キララ(27)さんとのスクープが世の中に出た。YAHOO!のトップニュースになるなんて……

(みなさんご存知ともおもいますが↓)

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00008190-jprime-ent

 

 

 

私の第一声「何事。」

本当に突然何かと思った。

 

しかも、相手の事務所が完全否定(というかそれは本人に任せています的な?)したのに対して こちら側の事務所は「面識はありました プールにも行きました」と半分認めたことで、ざわざわしたんですよね……やってしまった感。

 

私は彼の担当ではないから客観的に把握したし、心が動くこともなかったけど、少し前の裕翔くんの7連泊もあり、アイドルの熱愛について考えてみることにした。

 

みなさんはアイドルの熱愛についてどう思いますか。どういう風に思う人がいるか想像してみた。どこかにあなたの思考系統はありますか。(誰かが読むこと前提辛い)

 

①熱愛なんて信じられないし、信じたくない、悲しい。(私たちもしくは私のことが大好きじゃなかったの??)

 

②嘘だと言ってほしい、聞かなかったことにしたい、知りたくなかった。(楽しいことだけ、私の知っている好きな彼だけを見ていたい感じ?)

 

③夢を与える仕事なのに、それはアイドル失格だと思う、多少はあるが幻滅した。しばらくみることができない、今後がわからない もしくは降りる。(アイドルという仕事に はっきり理想がある感じ)

 

④プライベートでそんな恋人がいるかもしれないなんて悔しいし、許せない。早く別れてほしい(人生をアイドルに捧げたんだから、普通の幸せを掴んでほしくないタイプ)

 

⑤プライベートで何やっても自由だと思うけど、アイドルは仕事なんだから、お金をもらう以上は、プロとして隠し通すべき。

 

⑥プライベートに好きな異性の相手がいるなんて、すごい。よかった。嬉しい←これはちょっと語弊かな、、(アイドルだけじゃなくてプライベートも充実してるようで安心)

 

⑦何も思わない。いいとも悪いとも思わないし、興味もない。(無)

 

⑧相手の人が羨ましい。私が彼女だったらどんなによかっただろうか…(憎しみ、嫉妬??)

 

 

……これくらい??(絶対思いついてないだけです)

わかんない、なんかどれも結局一緒なんじゃないかとか思うけど、私ひとりが勝手に想像しただけでこれだけたくさん気持ちが生まれるんだから、もっともっと実際はすごいんだろうなと思う。

 

私自身は⑤に近いんだけど、それは置いといて、幻滅する人や辛くなる人が一定数いるという以上は、やっぱり世の中に出るべきことではなかったのかな〜とも思う、、

 

しかもタイミングもタイミングで、2016年 DEAR. 広島公演のわりと直前だから、伊野尾担の人は本当に本当に思うことはたくさんあったろうな、、どんな気持ちで現場にいけばいいのか、フィルタをかけないようにみるように努力をしたりするのかな、そうやって想像すると 私まで悲しくなってくる。

 

というか伊野尾担のお友達や知り合いの皆さまを悲しませて、、!しっかりしてくれ〜伊野尾〜という感じ

 

ここまで私はあくまで客観的です、的なスタンスで書いてきたけど、うーん、今回も前回も自担じゃないからかもしれない、、から、うん、、、(ここで全自信をなくす)

 

 

 

もう少し視界を広げて考えると、

今回に限らず、こういう話題が出て、へいせいじゃんぷとして 世間からプラスになるということもないと思うので、そこはあんまりよくないな。(語彙力不足)

 

へいせいじゃんぷは最高にかわいくてかっこよくて ファンはみんな もっともっと大きくなっていって欲しいって願ってると思うし、メンバー同士の仲がいいとか、ダンスがめちゃくちゃヤバイとか、ひとりひとりのもつ力が…とか

やっぱり良いところがたくさん世の中に知れ渡ればいいな〜と思います。(無理やり結論付ける)

 

熱愛について    考える   というだけで何の結論も出ていないし、またぐだぐだになってしまった。

(明日の生放送のめざましが放送される前に投稿したかったのです。)


  

スクープが出た日、私のあるタイムラインから伊野尾担さんが本当に誰もいなくなって、"真剣そして誰もいなくなった" だ…と思ったことからタイトルつけました。(ドラマの方のそし誰だと思って、ここに来て、なんだかんだここまで読んでくれたという方、ごめんなさい。)

 

 

おまけ

書いていて思ったけど、熱愛と結婚報告は全く別次元だな。今回はあまり幸せを感じ ない 方の熱愛について考えてみました。

 

そっと きっと ずっと

 

前回最後にちょろっと書いた、このお話をしたいと思います。私自身のこととか。今の気持ちとか。

全然終わりが見えない ゴールへの見通しをもたないまま書いていくのでどうなるかはわからないけど。

 

 

 

私が知念担だということをはっきり意識したのは、スクラップ・ティーチャーが始まったころです。それまでもHey!Say!とか凄まじいデビュー曲とかで 声 に衝撃を受けたのは今でも記憶に色濃くあります。もちろんちっちゃくて天使のような外見も。

いつ落ちたか その音は今となってはきこえないけど、あの頃からずーっと、私は知念さんが好きです。

 

昔は知念さん個人のことを見ていた。あの頃の私は、グループは知念さんに付随するおまけでしかなくて、曲は聞いてたけど、ほかのメンバーのことは特に深く知ろうとしていなかった。(ちなみに有岡さんと山田さんも好きでした)

 

なんだかんだあって(適当)、ジャニーズから離れたりすることもあったけど、戻ってきてもやっぱり変わらず。今はグループもメンバーも大好きだし、知念さんはいつもサイコーと思います。

 

知念さんのどこが好きかってことは あえてここには書かないでおこうかな…という気持ちです(話すと長い…)

 

話は戻って

 

知念さんはいつまでも色褪せない人だなあと思います。歳をとってもめちゃくちゃかわいくて でも色気もあって かわいくて かっこよくて なんて人を惹き付ける人なんだろうと。

私の周りの他担さんも知念さんのことを褒めて大事にしてくれる人ばかりで、もちろんメンバーもなんだけど、そうやって周りの人やファンのみなさまに愛されている彼があたたかくて、好きなんですね〜。

 

きっと、これからもずっとたくさんの人を魅了して、30歳になっても40歳になっても その先ずっと、もっと輝き続ける人。

私がいつか追いかけることをやめても(←突然の客観的目線はいつも通り)、ずっと前へ上へ進んでいくんだろうな〜〜個人としてももちろんJUMPとしても。

 

 

知念さんを越える人は今後現れないと深く思っていて、本当に唯一絶対神という感じがすごい。(※自分の中で)

 

何を書いてるかわかんなくなってきたけど、自分の気持ちの整理だからよしとする。

 

 今現在モチベーションは低いけど、それは決して知念さんが悪いというわけではないから、そっと きっと ずっと 担降りとかはなく、知念さんが好きというお話でした。

 

知念さんフォーエバー…ありがとう

 

 

(最後に大好きな写真を。)

f:id:etal_p:20160925164559j:image

ついに始めまして

ついに始めました、はてなブログです。いつか誰かに読んでもらえるのかな、?ここへ辿り着いていただけた方、はじめまして。ありがとうございます。

私がはてなブログを始めるきっかけをつらつらと。


きっかけを簡潔に言えば、「ずっと書きたいと思っていた、思いを言葉にしたかった。」ということだと思います。私はTwitterでも長々とよくしゃべる。


おたくでなかった時の私が聞いたらびっくりしそう。まさか舞い戻ってこんなに"書きたい"タイプのおたくになるとは…


私が常に目指すのは、ポップでハッピーなおたくだけど、それがなかなかうまくいかない。大好きな気持ちには表裏一体のように黒い気持ちが渦巻いていて苦しくなってしまうし、ずっと大好きでいるのもなかなか難しい。かと思えば、楽しくて幸せで、一生着いていきます!(忠誠心が強い)とも思う。

私はこうやってアイドルを追いかける生活を送る自分にいつか終わりが来るということも思っていて、気持ちもよく変わるし、その時々の思いを残したいと思って始める。


他にもジャニオタの皆さんの素敵なブログをたくさん読んで、楽しそう!やりたい!と思ったのも大きいので、楽しいこともいっぱい書きたい。事務所へのロイヤルティがすごいので。


ここまで書いてきて忘れていましたがわたしは知念担です。

そっと きっと ずっと 知念担。

このお話はまたゆっくりと。